#634 一日分の活動では不十分!

帰国まであと 158 日!

(1)論文、
活動、1報目の校正、2報目のフィギア作り
時間、>5h

(2)英語、
活動、論文
時間、0h

(3)その他活動サマリー、
次の仕事の調べ物

(4)陸トレ、
OK, 64.5 kg

(5)感謝、
質問に対して丁寧に答えてくれる同僚

(6)新しい挑戦・昨日からの進化、
わからないことを思い切って質問してみる!

(7)ブログ、

今日も一日中デスクワークでした。しかも作業ではなく頭をつかう仕事だらけだったのでさすがにクタクタです!しかしその分だけ多くの重要な進捗がみられ、とても嬉しく思います。いや~今日は本当に頑張りました!

さて、本題です。ボクのアメリカ滞在は半年間です。だから目標に向けて毎日180分の1ずつ進まなければ、目標を達成することは出来ません(汗)。日々、毎日の課題分ほど進めているかどうかと問われると、よく分かりません。もう一度課題全体を俯瞰的に見て、今の進捗量で良いのかどうか確認する必要が有りますね。

ただ気をつけておかないといけないことは、つぎ込んだリソースに対して、成果は線形的ではなく指数関数的に出るのだと思っています。だからやれどもやれども最初は成果が出ない、だけどあるところからドンドン出てくる、というようなものではないでしょうか。

忘れてはいけないのは、その成果が180日以内に結実するという保証は一切ありません。この半年の活動は内容も大切ですが、それ以上に成果が大切だと思っています。だから何とかして絶対に180日以内に成果が出るように考えて行動していかなければいけません。

もちろん成果を出すためには投資に加え時間的な経過も必要であるので成果を焦ってはいけないことは分かってはいるのですが、まあ、何はともあれ早く一つ成果がほしいです(汗)。と、考えると、活動初期における一日の活動量は180分の1では不十分なのかもしれません。自分に対し、今よりもっと高い基準を設けて頑張っていかないといけないのかもしれません。

たしかに今でも頑張って活動しているので、これくらいで十分なんじゃないか、もっと楽が出来るのではないか、という甘い考えがふと頭をよぎることがあるので注意したいと思います。今はまだ活動の質・量ともに高いレベルで保つことができているのですが、一度手を抜いてしまうと、それに慣れて再び高いレベルに持ってくるのには非常に多くの労力が必要だからです。手を抜くのは高い確率で成果が確定してからでいいと思っています。

ということで、まず最初の成果の目処がでるまでは、絶対に気を抜くことなく活動をし続けます!そして結果という意味では、11月末までに1つ目の成果を目指します。と、いうことで今日も寝るまであと1時間あるのでまだまだ頑張ります!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です