#752 Every day counts!

帰国まであと42日!

(1)論文、
活動、三報目の引用文献を探す、一報目の準備
時間、> 5h

(2)英語発声練習、
活動なし

(3)その他活動サマリー、
活動なし

(4)陸トレ、
OK、65.0 kg、

(5)感謝、
思いっきり論文に集中できる環境

(6)新しい挑戦・昨日からの進化、
良い文献を探すことが出来た!

(7)ブログ、

今日も終日、論文と実験と、でした。起きている時間のほぼ全ては両者につぎ込んでいます。そのため、これ以上の成果を上げようとするなら時間あたりの生産性を高めていかないといけません。特に疲れている時に PC の前では集中力が落ちて生産性が下がるので、ココを気をつけて成果につなげていきたいと思います。

さて、本題です。今日は月初めということでアパートの更新などの手続きをするのですが、そのついでもあって帰国の準備を始めました。なんと残すところ一ヶ月と少しになりました。実際に引っ越しやいろいろな手続きの時間などを考えると正味で働ける時間は一ヶ月もないのでしょう。

そのようなことをに考えながら今思うことは、最近は一日一日がとても大切に感じられるということです。自分の今の恵まれている環境があと一ヶ月と少しで終わってしまうと感じられるからこそ、その時間がとても貴重に感じられるのだと思います。

当然ですが、どんなことにも終わりがあります。気付かないふりをしていますが、自分の人生にだって終りがあります。(またいつものパターンで、スティーブ・ジョブズのスタンフォード大でのスピーチの話になってしまうのですが汗)死という終わりを意識することにより自分の人生の時間の短さや貴重さを感じることが出来るようになるのだと思います。

先日会社の mtg で “Every day counts” “Every second counts” というメッセージが取り上げられました。上記の通り、今日と同じ明日がその次にはまた同じ日が繰り返し来ると考えていれば、今日という日をそれほど大切に使うという意識はないのかもしれません。ですが患者さんやそのご家族の立場に立って考えれば、一日でも一秒でも速く有効な治療薬が欲しいと考えるに違いはありません。そんな人達の存在を知りながら、明日でいいや、来月でいいや、って言えるわけありません。

まあ、今は医薬品の研究開発とは離れた基礎の研究に近い業務が仕事とはいえ、生命科学に関わる者としてはこの緊急性という感覚を忘れることなく日々を大切に使っていきたいと思います。

ってことで、眠いですが上記の通り偉そうな事を書いてしまったので(汗)、寝る前にもう少しだけ頑張りたいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です