#778 身につくまで読み込む本!

帰国まであと12日!

(1)論文、
活動、なし
時間、0h

(2)英語発声練習、
活動なし

(3)その他活動サマリー、
旅行

(4)陸トレ、
なし

(5)感謝、
リラックスで切る環境

(6)新しい挑戦・昨日からの進化、
レストラン

(7)ブログ、

今日は旅行に出かけています。非日常を感じ、とてもリフレッシュ出来ています。頑張ったご褒美です。頑張って活動できて良かったです。

さて、本題です。今日は旅先でのリラックスした環境で、スマイルズの読書の続きをしていました。何とも贅沢な時間です!

この本を読む時はいつでも、スマイルズからのメッセージを自分の仕事に自然と重ねあわせながら読んでいることに気付きます。何も旅先で仕事のことなんて考えなくても良いのですが、考えることは仕事なんですね。まあこの本には人生で何を成し遂げたかを多く問うてきるので、仕事の事を考えるのはある意味で自然なのかもしれません。やはり自分にとっても仕事は生計を支えていくものですし、自分のやり甲斐の一つだと思っています。

この本を読んでいると、書いてあることには『なるほど、そのとおりだ!』とは思うのですが残念ながらほとんど実行できていません。そして今、何が書いてあったかを思い出そうとしても、大まかなエピソードは思い出すことは出来てもメッセージを一字一句思い出せるレベルには読み込めていません。つまり読み込みが足りず、実践に移す前の理解をしているというレベルにも達していないと感じています。

ということで、もう少し腹落ちするまで、読み込めることができればいいと思います。特にこの本の場合、上述したとおり読んでいると本の内容というよりも自分の仕事のことを考え始めてしまいます。そのため余計に上の空になりがちで、メッセージが文字として残らないのかもしれません。

これまで何度も読み返した本ですしその度に新しい発見があるような気がしていて、何度も読み返すことに対して決して否定的な思いはありません。そのため一度で理解しようとせずに、自分の仕事に重ねあわせたりという自分との対話を続けながら、気長に繰り返して理解を進めたいと思います。

向上心 (知的生きかた文庫)/三笠書房
¥600
Amazon.co.jp


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です