#802 目的の成果のために時間を使う!

期限まであと69日!

(1)論文活動、なし
時間、0h

(2)英語勉強、なし
時間、0h

(3)その他活動サマリー、
プレゼン準備&プレゼン

(4)陸トレ、
活動なし

(5)感謝、
一緒に仕事をしてくれる同僚

(6)新しい挑戦・昨日からの進化、
これまで知らない論文を読んでみる

(7)ブログ、

今日はプレゼンを通じて潜在的な顧客の掘り起こしに成功し、自分の企画に参画していただけることになりました。一緒に仕事をして頂くからにはパートナーを勝たせて自分も勝てるように全力を尽くしたいと思います。

さて、本題です。昨日、少し夜遅くまで遊びすぎたせいか、全体的に眠くて集中力が持続しない一日となってしまいました。もちろん一生懸命にやっているのですが、なんか成果が上がらない感じでした。

そんな状況下で反省するのは、やはり時間の使い方です。自分としては論文と今年度の自分の PJ とを平行して進めていかなければいけません。しかしながらそれらの重要な事に時間を割けているかというと必ずしもそうではなく、変な雑務に時間が取られています。

これは問題です。というか、上記の分野で成果を出したいという思いと実際の行動がリンクしていないので、成果を出したいという思いは思いのままに過ぎず、このままでは自分の望む結果は得ることが出来ないでしょう。

何が足りないかは分かっています。冷静になって以下のことを考える時間です。まず仕事を小さなタスクに分解すること、仕事の優先順位を考えなおすこと、その為にどれだけの時間を割り当てるかを冷静に考える必要があると思います。

重要なプレゼンが連続するため、冷静に時間をとって、などとここ数日間に限って言えばそんなことを言っていられないのが実情なのですが、明日のプレゼンが終われば絶対に時間をとります。連休明けからロケットスタートが切れるよう仕事の全体像をしっかりと捉えた上で時間の割り当てを考えていききたいです。

仕事の時間は無限にあると考えていた昔と違って、限りある24時間をどのように使っていくかを考え、限られた中で成果を出していかないといけません。だから家でも会社でもあらゆる時間を無駄に使うことなく、常に一生懸命で活動をしていきたいと思いあます。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です